病院以外の看護師が活躍できるステージ

看護師をめざすきっかけは、どのような経験をきっかけにして看護師に憧れるようになったのかを触れると印象が良くなります。

転職の際の志望する理由は、これまでの経験を活かしたい、もっと人の役に立つスキルを体得したいなど、積極的な印象を与えるものにしてください。

前職の不満や悪口は言わないようにしましょう。
看護師の方が勤務するところといえば病院という印象が大概でしょう。

でも、看護師として活躍できる場は、病院の他にも多く存在します。

保健所で保健師と協力し、周りで生活する人々の健康に関するケアを行うのも看護師のお仕事の一つでしょう。

医師が福祉施設において常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師が行うのです。

全国のナースの年収は平均して437万円くらいです。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均すると593万円ほどになります。公務員として勤めている看護師は給与の上がる率も民間の病院より高く、福利厚生も満足いくものになっています。

准看護師として従事している場合は、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いです。看護士の募集は多く見られますが、理想にピッタリの求人が確実にあるとは限りません。看護師として働ける人ならば就職できればいいという人は少数でしょう。

なるべく給料も高く人間関係も良く、日勤のみのところで仕事をしたいと多数の人が考えているものです。

理想通りの職場に転職するためには、多くの情報を入手しなければいけません。

看護師になるための資格である国家試験は、1年に1度行われます。

看護師不足が問題となっている日本にとってはうれしいことに、ここ数年、看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保っています。

看護師の国家試験は、大学入学のような不合格させるための試験ではなく、決まっているレベルをクリアできれば合格することができる試験です。

Leave a Comment

Filed under 看護師豆知識

看護師の転職の難しさとメリット

修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。子供のいる既婚者は土日に休むことができたり、夜勤なしの職場を望んでいます。
病院ではないところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。
看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に沿う条件での求人が存在するとは限りません。看護師資格を持つ方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。
できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤のないところで働きたいと思っている方が多いでしょう。希望通りの病院などに転職するには、情報収集が重要になるのです。

高齢化が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。
それに、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアをとり行っています。

こういった場合には、社員としてその会社に入社することもありうるでしょう。

看護師が上手く転職するためには、将来のことを思い描いて早めに行動することが重要です。

それに、どのような条件を重視するのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。

将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。

産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師です。看護師といわれると病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室を置く会社もあり、そこで仕事をしている人もいます。
仕事の中身や役割は勤務する会社によって色々ですが、従業員の健康を守って、管理していくのはどの企業でも行う仕事と思ってください。

Leave a Comment

Filed under 看護師豆知識